財団法人大牟田市地域活性化センター
ホーム イベント情報 組織の概要 沿革 事業内容 財務諸表 賛助会員 リンク集
地域活性化センターからのお知らせ
 
大牟田市地域活性化センターからのイベント情報
 
「集まれ!親子わくわく環境講座」 第4講座
2017/08/24
平成29年8月20日(日)大牟田市エコサンクセンターにおいて「集まれ!親子わくわく環境講座」第4講座「エコキャンドルづくり」を開催し、親子41名にご参加いただきました。(大牟田市共催)
学校の給食で使われた揚げ油を使って、カラフルなアロマエコキャンドルを作りました。まさにリサイクル!
キャンドルを作った後は、水の汚れについて実験をし、台所から流す食べ残しや調味料がどれだけ川の水を汚しているかがよく分かりました。
「味噌汁などを残さない」「お皿を拭いてから洗う」など、みんなの少しの努力で川や海がキレイになるんですね。

※写真はクリックで拡大します
 
今日の講師は大牟田市環境企画課の塘田さん。最初に、エコキャンドルの作り方を教えてもらいました。みんな興味津々♪
最初に容器にあわせてキャンドルの芯を作ります。割りばしにタコひもをはさんで、容器の真ん中にひもがくるように置き、容器の底ギリギリの長さに合わせたら割りばしの上の余分なひもを切って、準備OK!
油を80度まで温めたら火を止め、市販の凝固剤を入れ、よく溶かします。
次に1センチほどのクレヨンを入れ、油に色をつけます。あっという間にきれいな色になって楽しい〜♪
色が付いたら、好きな耐熱容器に入れます。この時、油が熱いので、容器を手で持たないように気をつけて!
今回は廃油を使っているので、ちょっと油の臭いが気になります。それを消すためにアロマエッセンスを入れました。みんな好きな香りになったかな?
あとは最初に作った芯をセットし、冷えて固まるのを待つだけ。早く固まるように水の中に置いておきました。1色の油が少し固まった後に、別の色の油をそそぐと、こんな風にきれいな2色のキャンドルもできますよ☆
キャンドルが固まるまでの間に、水の汚れが色で分かる道具を使って、水質実験をしました。水道水とそれに1滴のしょうゆを落とした水。どれだけ汚れが違うのでしょうか??
さぁ何色になったかな〜?? なんと、しょうゆを1滴落とした方の水は、魚が生きていけないほど汚れていました。海や川を汚している一番の原因は、みんなの家から出る生活排水なのです。油はもちろん、お味噌汁や調味料なども、ふき取るなどして、できるだけ排水溝に流さないようにしましょうね!
実験が終わることにはキャンドルも固まり、完成〜☆最後に皆で記念撮影をしてお別れしました。みんなお家でキャンドルをつけてくれたかな。花火をする時の種火にも最適ですよ♪
おおむた環境・リサイクルe情報 大牟田市エコタウン 立地・事業化ガイド 元気企業だより財団だより アクセスマップ 大牟田市エコタウン 立地・事業化ガイド
公益財団法人大牟田市地域活性化センター
福岡県大牟田市健老町461番地 大牟田市エコサンクセンター303号 TEL.0944(56)-1717 FAX.0944(56)-1725
Copyright © 2006 omuta city advancement center. All Rights Reserved.
財団法人大牟田地域活性化センター